オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

【シドニー】ハイドパークはシドニー市民の憩いの場

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

【シドニー】Hyde Park -ハイドパーク- Part1(アンザックワーメモリアル) -AusTube-

ハイドパークと言えばシドニー中心部にある非常に大きな公園です。

 

仕事のの休憩中、またはランチタイムにスーツを着た人などがリラックスしている姿をよく見かけます。
地元の人は家族でピクニックなんかに訪れる機会も多いみたいですよ。
もちろん大都会シドニーの人気スポットのひとつでもあります。

 

1810年に造られた公園で今では散歩スポットとしても有名です。
ハイドパークは南北に2分されています。

 

観光地として有名なのは南側にある第一次世界大戦で亡くなった兵士を葬るアンザック戦争記念館や
当時活躍したキャプテンクックの銅像などです。

 

オーストラリアの国民の祝日にアンザックデーという日があるくらいですからね。

 

北側には1932年に造られたアーチボルト噴水を中心に木に囲まれた美しい小道があって
一人でのんびり散歩するのにもよし、

 

カップルでゆったりと午後を過ごすのにも最適な場所だと言えるのではないでしょうか。

 

【シドニー】Hyde Park -ハイドパーク- Part2(噴水) -AusTube-

ハイドパークに行くと、大都会シドニーから少し抜け出し身も心もリラックスできることでしょう。

またハイドパークは大きなビルがたたずむタウンホールやピットストリートモールからも近く
買い物をした後に近くのカフェでコーヒーを買ってひとやすみなんてこともできますね!

 

公園内では写真をご覧のとおりリアルチェスを楽しんでいる人なんかもいるんですね!
こんな光景日本ではなかなか見ることができませんね。

ハイドパーク

オーストラリア名物のストリートパフォーマンスもこの近くで行われていたり
オーストラリア博物館、セント・ジェームズ教会、NSW図書館なども近くにあって
ひとつひとつがそれだけで価値のあるシドニーの中でも最高レベルに位置する重要な建物ばかりが並んでいます。

 

【シドニー】Hyde Park -ハイドパーク- Part3(ストリートパフォーマー) -AusTube-

ワーホリをする人には嬉しい情報で、なんとほとんどの建物が見学自由なので
ぜひハイドパークの近くの建物めぐりとともに各スポットを楽しみましょう!!

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. コテスロービーチ
  2. サーファーズパラダイス メインビーチ
  3. フリーマントルマーケット
  4. トランスパース
  5. ブッシュファイヤー
  6. バイロンベイ

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP