オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

オーストラリア旅行で行っておきたい人気・おすすめの観光スポット!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

オーストラリア

日本人にも人気の海外旅行先のひとつオーストラリアは、ネイチャーリゾートの先駆けと言えます。
日本の約21倍の国土を有するオーストラリアでは、雄大な自然、コアラをはじめとしたオーストラリア固有の動物とのふれあい、そしてシティ観光とあらゆる楽しみ方ができます。

 

多くの魅力的な観光名所のあるオーストラリアですが、その中でももっとも有名で人気があるのはオーストラリアのほぼ中央に位置する世界最大級の一枚岩エアーズロック(ウルル)ではないでしょうか。

 

現地アボリジニ人がウルルと呼び聖地として崇めているエアーズロックのあるウルル=カタ・ジュタ国立公園は、その自然の美しさとアボリジニ特有の珍しい文化が残っていることから世界自然遺産と世界文化遺産の複合遺産として登録されています。

 

エアーズロックで特におすすめなのがサンライズ、サンセットツアーへの参加です。
地平線から昇る朝日に照らされエアーズロックの表面の色が徐々に変化していく姿、また夕日によってエアーズロックが真っ赤に染め上げられる姿は雄大であると同時にとても神秘的です。

 

エアーズロックと並びオーストラリアの世界遺産として人気のあるのがグレートバリアリーフです。
ケアンズから気軽に訪れることのできるグレートバリアリーフは世界最大の珊瑚礁群で、その大きさは日本がまるごと入ってしまうほどです。

 

美しい海と珊瑚礁が残り魚たちの楽園であるグレートバリアリーフでは、ダイビングやシュノーケリングなどのアクティビティを楽しむことができます。

 

また、グレートバリアリーフには多くの美しい島が点在しており、島へのボートツアーもおすすめです。
グレートバリアリーフの島の中でもハミルトン島はロマンティックなリゾートホテルがありハネムーナーにも人気があります。

 

ハート型の珊瑚礁ハートリーフを空から見るツアーもあり忘れられないハネムーンの思い出となることでしょう。

 

ハミルトン島に行ったらはずせない観光スポットがホワイトヘブンビーチです。
ハミルトン島から日帰りで行くことのできるホワイトヘブンビーチは、シリカサンドと呼ばれるきめが細かくさらさらの白い砂で覆われたビーチが約7キロにも渡って続きます。

 

白い砂と透明に近い青い海の光景はまさに天国のような絶景です。

ホワイトヘブンビーチは、誰もが一度は訪れたい、そして一度訪れたらまた訪れたくなる魅力的な観光スポットです。

 

広大なオーストラリアには、他にも自然を満喫できる世界遺産があります。
それがブルーマウンテンズです。

 

ブルーマウンテンズは全長4000キロもの大きさを誇りユーカリの樹海や滝、渓谷などの豊かな自然が残っています。

美しい景観、自然のアトラクションを楽しむことのできるブルーマウンテンズでの見どころのひとつがスリー・シスターズです。

 

エコーポイントの展望台から望むことのできる断崖に立つ3本の奇岩スリー・シスターズには、父親が魔王から娘たちを守るために魔法で岩に姿を変えられた三人の姉妹の姿であるという悲しい伝説が残されています。展望台からの景色はまさに絶景です。

 

スリーシスターズのほかにも世界最古の鍾乳洞であるジェノラン鍾乳洞やシーニックワールドなどの見どころがあります。
シーニックワールドでは旧炭坑のトロッコや大型のロープウェイに乗ってアトラクション気分で、また足元がガラス張りのスカイウェイを歩き空中散歩気分を味わいながらブルーマウンテンズの自然を満喫することができます。

 

ブルーマウンテンズは、シドニーから車または電車で2時間ほどで行くことができます。
時間があまりなく効率よくまわりたいという方はシドニーからのツアーに参加するのもおすすめです。

 

オーストラリアでは自然だけではなくシティ観光も楽しむことができます。
オーストラリア最大の都市であるシドニーは、海に面した世界でもっとも美しい都市のひとつと言われる観光都市です。

 

シドニー港に突き出したベネロング・ポイントに立つオペラハウスはシドニーのシンボルです。その姿は、ヨットの白い帆のような白い貝殻のような独特の形をしています。

 

オペラハウスの中にはオペラやコンサートなどが公演される5つの劇場をはじめ、ギフトショップやレストラン、カフェ・バー、ギャラリーなどがあります。
芸術の発信地であるオペラハウスは20世紀を代表する近代建築物のひとつと言われています。

 

オーストラリアの中でも長い歴史を持つ都市であるシドニーでは歴史的な建物も多く残されており街歩きを楽しむことができます。

 

また、シドニーはグルメな方やショッピング好きな方にもおすすめの都市です。
週末にはシドニー名物でもあるフリーマーケットも開催され、かわいい雑貨などを買うことができます。

 

このように、オーストラリアは自然、海、街といろいろなことを満喫することができ、アクティブ派でものんびり派でも満足できる国です。
日本との時差もあまりなく、フレンドリーな人が多いのも嬉しいポイントです。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. gift-made-package-loop-39341
  2. ブリスベン川
  3. オペラハウス

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP