オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

【パース】コモンウェルス・バンクよりもワーホリメーカー向きの銀行って?!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

【パース】Commonwealth Bank -コモンウェルスバンク-の紹介 -AusTube-

オーストラリアには4大都市銀行と呼ばれている大きな銀行があります。

 

ちなみにこちらがそのオーストラリアの4大都市銀行です。

 

ANZ Bank (オーストラリアニュージーランド銀行)

Commonwealth Bank (コモンウェルス銀行)

Westpac Bank (ウェストパック銀行)

National Australia Bank (ナショナルオーストラリア銀行)

 

オーストラリアの度の都市に行っても、だいたい支店があって利用することができます。

 

営業時間は銀行や支店によっても異なるんですが、平均的な営業時間は月曜から木曜が9時半から16時まで、金曜は9時半から17時までです。

 

なお、ATMに関しては、365日24時間利用できます。

 

自分がステイする近くの銀行については、あらかじめ調べておきましょう!

 

またオーストラリアの銀行は日本の銀行と違って通帳がありません。

それに代わるものとして毎月「Bank Statement 」と呼ばれるその月の使用口座の
使用明細が指定した住所に送られてきます。

 

そして他にも日本の銀行と異なるところが何点かあるのですが、
まず口座の種類が大きく2つに分けることができます。

 

・Saving Account (セービングアカウント)

・Cheque Account (チェックアカウント)

 

両方開設することもできますし人によっては
Savingだけという人もいるようです。

 

Saving Account にもいくつか種類があって口座の種類によって毎月の
口座維持のための手数料がかかるタイプや毎月の口座維持費は無料だけれど
毎月のATMでの無料取引回数に制限があり、一定のATM利用回数を超えた場合
料金が発生するタイプなどがあります。

 

実はこのコモンウェルス・バンクも月に口座維持手数料がかかってしまいます。

 

じゃあどこの銀行が口座手数料がかからないの?
そこが気になる点だと思いますが実はそういう銀行もあります。

 

実は4大都市銀行ではのうちには含まれていないのですが
「Nab Bank」という銀行です。

 

Nab

 

Nabは月の口座手数料が全て無料で、ATMの時間外手数料などもなく
何も考えることなく使えるのではっきり言っておすすめです。

 

日本人の多くは調べずにANZ銀行やコモンウェルスバンクを選びがちなのですが
ワーホリメーカーにはどうやらNab銀行が一番あっているような気がします。

 

銀行口座の開設は現地について最初にやらなければならないことうちの一つです。

 

なのでその手順をこの際、覚えておきましょう。

〜必要なもの〜(Nab銀行の場合)

・家の住所
・パスポート
・電話番号
・デポジット用のお金

だけです。

 

あとは窓口の方に銀行口座を作りたいことを伝えましょう。

 

最も賢い方法というか現地の人がよくやっているのは

1.普通預金口座、2.インターネットバンク、3.定期預金口座
と3つの口座を彼らは持っているそうで、1.普通預金口座を口座維持がかからないNab Bankで作り2と3は他の銀行で作るらしいです。

 

特にANZ Bankは定期預金口座がいいのでで、今現在はそこまで高くありませんが一時期6.2%くらいいっていたそうです。

一年間100万円寝かせておけば、約6万円も入ってくるですから悪い話ではないですよね。
日本の0.01%という超低金利と比べるとオーストラリアは恐るべきですね。

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. ドミノピザ
  2. 旅行会社・代理店
  3. ケアンズ中心地
  4. サーファーズパラダイス メインビーチ
  5. コアラ
  6. バイロンベイ 灯台

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP