オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

【ブリスベン】ブリスベン市民の無料の足「シティホッパー」とは?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

【ブリスベン】CITYHOPPER -シティーホッパー-(無料のフェリー) -AusTube-

ブリスベンには公共交通機関としてフェリーがあるのですが
その中でもシティホッパーという無料のフェリーは観光客にも地元の人たちにも人気が高いようです。

 

このシティホッパーが開通したのは今から約3年前…
2012年の7月1日からブリスベンの地元の観光業の活性化を目的として作られました。

 

旅行者や市民のためにカンガルーポイントやサウス・バンク
ブリスベン中心街、ニューファームなどにもっと訪れて欲しいという
市長の思いつきから生まれた無料のフェリーサービスだそうです。

 

シティホッパー

毎日朝の6時から夜の12時まで30分毎に運行しています。

 

ルートに関しては下の地図を見て頂くとお分かりかと思いますが
街の中心部であるアデレードストリートとエリザベスストリートの橋から
サウスバンク、ノースキー、海洋博物館のあるサウスブリスベン、ハミルトン
などの主要な箇所を通ってニューファームまでの区間となっています。

 

シティホッパー 地図

 

ブリスベンに住む人たちは通勤や通学にこのフェリーを使う人も多く
市民の足として親しまれています。

 

ブリスベンには他にもシティキャットやシティフェリーと呼ばれる
無料ではないのですが安くて便利な交通手段があります。

 

渋滞なしの便利な交通手段としてこちらもよく使われ特に旅行者に人気があります。

 

無料のシティホッパーには船体にカンガルーの絵が描かれているのが特徴ですので
間違わないように気をつけてください。

シティホッパー

 

ブリスベンは一般的にビジネス街と言われ、その他の地域に比べると
「遊ぶ」という意味では弱い都市になるのかなとは思いますがそれでも
近代的なビルが立ち並ぶ地域で主要な観光スポットも集合しており

歴史とモダンな雰囲気の両方を味わうことが出来るのではないかなと思います。

 

シティホッパーに乗ってブリスベン川から
街の景色を眺めるのもいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. 路上パフォーマンス
  2. 旅行会社・代理店
  3. ロイヤルボタニックガーデン
  4. ジェットスター預け荷物の料金
  5. ETAS取得方法

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP