オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

ワーホリに行く前にやらなければならないこと

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

 

オーストラリアへワーホリに行く前は

手続きなどの準備が色々とあります。

 

まずはエージェントはどこを利用するか決めたり、

渡航都市や語学学校はどこにするのか

ホームステイはするのか?

他には、ワーホリビザの申請や海外保険の加入、

海外送金の手続きなど色々な準備があります。

 

これら以外にも準備することや買わなくてはならないものなど

たくさんあるのですが、他にもやらなければならないことがあります。

 

それは『英語の勉強』です。

 

多くの人は英語の勉強は現地に行って語学学校でやるなどと

後回しにしてしまい、渡航前に勉強する人がいないのですが、

これは大きな間違いです。

 

何故なら、渡航前にどれだけ英語力を身に付けたかによって

実際にオーストラリアに行った後の英語の伸び方が

全くと言っていいほど異なるからです。

 

よく考えてもらえばわかると思うのですが、

オーストラリアの語学学校での英語の勉強は

全て英語によって行われます。

 

先生はもちろん外国人ですし、

授業の全ては英語で行われるのです。

 

なのでもしあなたが全く英語がわからないという状態で、

日本で日本語による英語の授業を受けても理解できない

という状態であったなら、なお更理解するのが困難になるということです。

 

もちろんホームステイ先でもみんな英語で話かけてきますし、

仕事場もすべて英語環境なのです。

 

よく海外で1年間生活すれば英語がペラペラになる

といったような話を聞いたり、あるいは周りの人から期待されたりするかもしれませんが、

それは全くの嘘です。

 

僕の経験上、1年オーストラリアにいた人でも、

2年いた人でも、ほとんど英語が喋れずに帰国した人はたくさんいます。

 

なので海外で生活したからといって

英語が喋れるようになるというのは夢物語というわけなのです。

 

やはり全く英語が分からない状態から

ある程度のレベルに達するにはそれなりに時間がかかってしまうのです。

 

特に日常会話を習得したいということになるとなお更です。

 

恐らく日本にいる時は毎日英語を聞く環境にいるわけではないと思いますから、

単純に英語を聞くということに慣れてないんですね。

 

なので、この慣れが来るまでに時間がかかるのです。

 

これに加えて文法も勉強しなければならないとなると

さらに大変なのはもうお分かりだと思います。

 

オーストラリアのワーホリは最大2年間滞在することができますが、

本当にあっという間に時間は過ぎてしまいます。

 

1年ならホントにあっというまです。

 

なので、オーストラリアでのワーホリ生活を最大限に楽しみ、

より英語が話せるようになるためには

やはり渡航前にできるだけ英語の勉強をしておく必要があるということです。

 

勉強する内容ですが、

これはあなたがどうなりたいか?

というところで変わってくるので一概には言えませんが、

もしTOIECで良いスコアを取りたいなら、

文法などの勉強をする必要があります。

 

そうではなく、日常会話ができるようになりたいということなら

英語を聞くようにしたり話したりする必要があります。

 

日本で普通に生活していると英語を聞くという習慣がないので、

単純に耳が英語を認識できないんですね。

 

なので何を言っているのかわからないのです。

 

なのでまず耳を慣らすという意味でも

洋楽なり教材なり活用して訓練することをお勧めします。

 

僕自身もある英会話教材を使って勉強していましたし、

これまで相談を受けた方には同じようにおすすめして

勉強していらっしゃる方もいます。

 

なにはともあれ、

ワーホリに行くなら日本にいる間に

できるだけ英語の勉強をするようにしましょう!

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. キッチン

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP