閉じる

シェアハウスに住むときの注意点

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

shutterstock_78943378

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワーホリに行ったら経験してほしいのが
シェアハウスです!

 

オーストラリアでは日本と違って
大きな家やマンションの部屋を借りて
複数人で一緒に住むシェアハウスが一般的です。

 

学生だけではなく、普通に働いているオージーも
シェアハウスで暮らしていることもあります。

 

バッパーやキャラバンパークでは頻繁に人が変わりますが
シェアハウスでは長い間生活を共にすることもあります。

 

ですので、シェアハウス選びは慎重にしないと、
シェアメイトとそりが合わずにストレスをため込むことになってしまいます。

 

管理人自身の経験ですが、ゴールドコーストに滞在中
オージーの20代の女の子、台湾人の男の子とシェアハウスに
住みましたが、すごいストレスでした。

 

何故かと言うと、オージーの女の子は
日本で言う片づけられない女で、
キッチンも掃除しない、洗い物もそのまま
酔って騒ぎ、トイレに吐いたあとも片づけない
なんてことが毎日のようにありました。

 

朝早くから仕事をしていた、シェアメイトと
管理人は毎晩眠れず、朝起きたら空き巣に入られたのか?と
疑うほどの散乱したキッチンや部屋を見て怒っていました。

 

注意しても、全然聞かないしその家からは
2週間で出ていきました。

 

逆にシドニーにいた時に住んだ家は
シェアメイトはみんなきれい好きで、よく掃除をして
夜も騒がず、すごく過ごしやすかったです。

 

シェアメイトたちと夜、パブに行ったり
料理を作ってもらったりとかなり良好な人間関係の中生活できました。

 

もちろん今でも仲がいいです。

同じようにシェアハウスに住むならきれい好きで
フレンドリーで、酔っ払いではない
気の利く人がたくさんいた方がいいです。

 

住む場所よりも住む人が大事です。

 

だからこそ、シェアハウスを決める前に
必ず注意しなければいけないのが

その家のルールです。

 

・夜は騒いでもいいところなのか?
・掃除当番はしっかり決まっていて、守られているか?
・家のインターネットはどういうシステムか?
・近隣の人とトラブルはないか?
・あなた用のキッチン棚、冷蔵庫のスペースはあるか?
・どんな人が住んでいるのか?
・みんな働いているか?
・大量のお酒が置いてないか?
・タバコはどこで吸うのか?
・男女でトイレ・シャワーがわかれているか?

 

などその家のルールを確認して
住む家を決めましょう。

 

また自分の目で見て気になるところを
オーナーに質問しましょう。

 

汚い部屋、臭い部屋、汚いキッチン
汚いトイレ・シャワー。

 

こういった家は経験上、良い人がいません。

 

逆にきれいな部屋、トイレ・シャワーの
シェアハウスは人もいい人が多くて
ストレスが溜まりません。

 

タチが悪いのは内見の時だけクリーナーを呼んで
家をきれいにするオーナーがいる事です。

 

内見時はきれいでも、入居日になったら
汚い、臭い、ということもあります。

 

なので、内見の時に必ず物陰や洗面所の
棚、洗面用具のある棚などもチェックして
きれいなシェアハウスを選びましょう。

 

物置などはクリーナーも掃除しないので
そういった所も見せてもらいましょう。

 

厳しいルールを設けている家もあります。

 

・インターネット1日30分まで
・シャワーは一人5分
・洗濯は週に2回まで

 

厳しすぎるオーナーと一緒に住むと
これもまたストレスになります。

 

結構アジア系のオーナーに多いです。

 

そういったこともあるのでしっかり
確認して、楽しく過ごせるシェアハウスを
探しましょうね!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. ブリスベン
  2. IMG_1364
  3. パース
RETURN TOP