オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

お気に入りのシェアハウスを見つけた後に必ずとるべき行動

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク

shutterstock_86314675

今回は
「お気に入りのシェアハウスを見つけた後に必ずとるべき行動」
です。

 

お気に入りのシェアハウス候補を見つけた後に
取るべき行動、注意点を覚えておいてくださいね。

 

必ずやってほしいのは
部屋の見学です。

 

ルームインスペクションと言います。

 

どんなによさそうに見えるシェアハウスでも
必ずルームインスペクションをしてください。

 

掲示板、ウェブの場合ページに
オーナーの名前と連絡先が書いてあります。

 

そこに連絡し、場所とルームインスペクションの日時を決めます。
家の場所はgoogleマップで調べておきましょう。

 

ここでルームインスペクションをするときに
予想される会話を書き出していくので
覚えておいてくださいね。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

あなた・・・Hi, is this ~~’s phone?
もしもし、~~さんの携帯ですか?

オーナー・・Yes, ~~ speaking.
はい、~~です。

あなた・・・This is Taka, I saw your ad on Gumtree,
are you still looking for share mate?
こんにちは、タカと申します。
ガムツリーで広告を見たのですが
まだシェアメイトは募集していますか?

オーナー・・Yeah, it is available. when would you like to come and check?
はい、まだ募集していますよ。いつ部屋を見に来ますか?

あなた・・・That’s great, are you available on Tuesday next week at 1pm?
それはよかったです、来週の火曜日の1時はどうでしょうか?

オーナー・・Well, let me check,,,,Yeah I am available on that day,
but could you come in at 1:30?
ちょっと待ってくださいね、、、はいその日で大丈夫です。
でも1時半からでもいいですか?

あなた・・・That’s not a problem, thanks. Could you tell me the address?
問題ありません、家の住所を教えていただけますか?

オーナー・・Alright, address is, 7 union street pyrmont Sydney.
You can check it on Google map.
オッケー、住所はユニオン通り7番地です。
グーグルマップで見つけることが出来ます。

あなた・・・Thank you so much, see you then.
ありがとうございます。ではまた!

オーナー・・OK, see you soon.
はい、では!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

こういった会話が出来るとスムーズに
連絡が取れますね。

 

そしてルームインスペクションの時は
オーナーに質問攻めしましょう。

・How many rooms do you have?
・部屋数

・How many bathrooms do you have?
・トイレとシャワーの数

・Are toilet and shower separated?
・トイレとシャワーは別々か?

・Can I have my own key?
・鍵は自分用のがあるか?

・How many people live here?
・何人住まいか?

・Do you have cleaning schedules?
・掃除当番はあるか?

・How much is the bond?
・ボンドはいくらか?

・Hiw much is the rent?
・家賃はいくらか

・What is the minimum length of stay
・ミニマムステイの確認

・Does rent include electricity and wifi?
・Wifiと光熱費はレントに含まれているか?

・Can I bring my friends here?
・友達を連れてきてもいいのか?

水回りや冷蔵庫の自分のスペース
キッチン棚のスペースなどもチェックしておきましょう。

 

また、この3つは必ずチェックする必要があります。

・鍵
・ミニマムステイ
・レントとボンド

の3つです。

 

鍵は場所によっては人数分鍵が無いところがあります。
これはかなり不便です。

 

鍵を誰が持つのか、鍵を持っている人はいつ家に帰ってくるのか
を心配しないといけませんので面倒です。

 

ミニマムステイと言うのは「最低滞在期間」の事です。
ミニマムステイがある家を選ぶと頻繁に移動するワーホリメーカーには
うっとおしい制約になってしまいます。

 

例えば、ミニマムステイが6か月の場合
6日下知済まないとボンドが返ってこないという
事態が起こってしまいます。

 

長期のミニマムステイを設けている家は選ばないのが得策です。
良いファームの情報が入ったのに、動けないのはもったいないです。
もし引っ越したとしてボンドが返ってこないのは嫌ですからね。

 

レント(家賃)とボンド(保証金)ですが、
オーストラリアは基本的に給料が週払いです。
(2週間に1回の所もあります)
なので基本的には家賃も週払いになります。

 

ボンドは家賃の2週間から1か月分が一般的です。

 

例えば週200ドルの家賃の場合
400ドル~800ドルがボンドになります。
このボンドは保証金なので家を出る時に返ってきます。

 

オーナーの中には悪い人もいて
色々と理由を付けてボンドを返そうとしない人もいます。

 

ルームインスペクションの時には部屋の傷、破損を確認し
写真を撮っておくのもトラブル防止にはいい手です。

 

最初に払うべき総額は
週のレント×2+ボンドになるのが一般的です。
週200ドルの家賃でボンドが400ドルの場合入居する際に
800ドルを払う事になります。

 

領収書を書いてもらいすべての領収書はその家を出るまで安全な所に保管しましょう。
レントの事で何か言われた時にそれを出せば証拠になるのでトラブルも無くなります。

また、ノーティスというものがあります。

 

ノーティスと言うのは「通知」という意味で
家を出る前にあらかじめオーナーに引っ越すことを伝えなければいけません。

 

2 weeks noticeと書かれていれば
家を引っ越す2週間前には伝えてくださいという事です。

 

ノーティスが2週間以上の所もあり
かわりに住む人を見つけないと引っ越せない
といった所もあるのでそこも聞いておきましょう!

 

ルームインスペクションをして、質問もして、
気に入ったのであれば住みたい!ということを伝えます。

 

人気の物件はすぐに取られてしまうので、
何軒も回っているうちに取られてしまう事もあります。
ここだ!と思ったらすぐに伝えましょう。

 

女性の場合は一人でルームインスペクションには行かずに、
友達を連れていくのが安全です。

 

変なオーナーもいるので注意しましょう。
夜の人通りや街灯の有無も確認しておくことも必要です。

 

最高のシェアハウスを見つけることができれば最高の生活を送れます!
ぜひ、今挙げた注意点を覚えておいて、最高のシェアハウスを見つけましょう!

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. shutterstock_128366012
  2. ブリスベン
  3. キッチン

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP