オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

レストラン、カフェで働くために必須の資格

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

RSA

今回は
「レストラン、カフェで働くために必須の資格」
です。

 

オーストラリアのカフェやレストランで
働くためには取らなければいけない資格があります。

 

それがRSAと呼ばれるものです。
RSAはResponsible Service of Alcoholのことです。
頭文字を取ってRSAと呼ばれています。

この資格がない事にはレストランでは働けません。
シェフも持っていないといけないのです。

 

お酒を運ぶ、運ばないにかかわらず
レストラン営業時間内にその店内で働いている人
全員が持っている必要があります。

 

RSAを持たずにレストラン、カフェで働くことは
出来ませんし、違反者は罰金を支払う事になります。

 

最高で5000ドルもの大金です。

 

またこの資格を持って働いているという事は
アルコールに関しての問題が起こった時に
あなたが責任を取らなければいけない事を意味します。

 

こちらの方が罰則、罰金共に大きいです。

 

最高で11,000ドルの罰金
または禁固刑1年と定められています。
オーストラリアに1年いれるのはいいですが
こんな滞在の仕方では嫌ですよね?

 

でもオーストラリアでは日本以上に
アルコールに関する問題が多く
今、かなり厳しく規制されています。

 

最近シドニーでは深夜1時以降バーやパブに入店は出来なくなり
一度外に出ると、どんな理由でも帰ってこれません。

 

タバコを吸っているうちに1時を回ると
もう戻れなくなります。

 

従業員も1時以降は同様です。

そして3時以降はお酒の注文も出来なくなりました。
厳しいですよね。

 

それもアルコールに関するトラブルが多いからです。

 

また、レストランに抜き打ちで警官が来て
RSAの提示を求められることもあります。
勤務先にRSAのコピーを置いておくので
基本的には問題ないですが

もし、それが提示できないと
上にも書いた厳しい罰則が待っています。

 

RSAの取得方法には2通りあって

 

・オンライン
・学校などで実際に授業を受ける

 

の2つの方法です。

 

RSAは州ごとに取る必要があり
シドニーが属するNSW州のRSAは
QLD州では使えません。

 

州ごとに法律が違うので
何度もとらないといけないんですね。

 

ただQLD州で取得した
RSAライセンスは他3州(NT,SA,WA)でも有効です。

 

有効期限もあり、NSW州で5年
QLD州の場合で3年です。

 

ワーホリの場合は気にする必要はないですね!

現在は、RSAのカードを持っている必要があるようです。

 

顔写真の載ったカードで個人個人が
携帯していなければなりません。

 

僕がいた時は紙のRSA証明書のコピーを
お店側に渡せばそれでよかったのですが
今は、ルールが変わっているようです。

 

RSAのテストに受かった後
郵便局で申請をして
カードが郵送されるのを待ちます。

 

その時の持ち物は

身分証明書と紙のRSA証明書です。

 

大体2~3週間でカードが郵送されてきます。

 

オンラインでRSAを取るのであれば
覚えておいてほしいのが

NSW州、VIC州、TAS州は認めていないという所です。
この3つの州でRSAを取得する場合は
必ず実際にクラスに行って受講をする必要があります。

 

オンラインでRSA取得が出来るサイト

http://www.onlinersa.com.au/
https://www.rsaonline.com.au/

実際にクラスに行ってRSAを取得する

先ほども書いたように、
NSW州、VIC州、TAS州は
クラスを受講しなければRSAを取得することは出来ません。

 

下記のサイトで手続きが出来ます。

http://www.coffeeschool.com.au/

http://www.rsasydney.com/

ワーホリメーカーの仕事先として
一番良いのがレストランやカフェです。

 

コミュニケーションが主な仕事で
資格もいらないです。
6か月しか同一の職場では働けない
というデメリットをメリットとしてみてくれます。

 

と言うのも、オーストラリアでは冬の時期
サービス業のお客さんの入りが悪くなり
仕事がなくなるからです。

 

レストランも季節労働に似た側面を持っているので
逆の6か月と言うのは好都合なのです。

 

ローカルの仕事だとチップももらえて
いい稼ぎになります!

RSA是非取りましょうね!

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. ハロウィン

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP