オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

メルボルンで700ドルの自転車を購入、3日で盗まれる!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

今回は
「メルボルンで700ドルの自転車を購入、3日で盗まれる!」
です。

 

僕はメルボルンに着いてから4日目に
シェアハウスに移りました。

 

内見をすることもせず、家に行ったら
物置のような部屋に通され。

 

Here is your room.
ここがお前の部屋だ。

 

と言われました。

狭い、暑い、窓ない、という
監獄か?と思うような部屋でした。

 

まあ、僕が内見もせずに行ったのが
バカだったんですが、、、

常識知らずの20歳でしたね。笑

 

僕が住んだのがケンジントンという
すこしシティーから離れたところでした。

距離にして5km位です。

 

歩くには遠いし、毎日トラムや
電車に乗るのも嫌だと思ったので
自転車を買おうと思っていました。

 

シェアハウスのオーナーに
自転車を買いたいんだけど
どこがいいかな?

と聞くと近所にある自転車屋さんを
教えてくれました。

 

その自転車屋さんに行くと
まあ、高い自転車ばかり!

 

1000ドル、2000ドルと
高い自転車ばかりが置いてあって
オーストラリアに来る全財産が
3000ドルしかなかった僕は
早々に店を出ようとしました。

 

こんな高いの買えるわけない。

と思って、店員さんに

 

Is there any cheap cycling shop around here?
安い自転車を買えるところって無いですかね?

 

と聞くと

No.
ないよ。

と答えてきました。

 

ちなみにオーストラリアでは
日本で一般的なママチャリがほぼありません。

というか4年間の滞在で1台も見ていないです。

 

基本的にはマウンテンバイクや
ロードレーサータイプのものしかないです。

 

また、安く探そうと思えば、語学学校の掲示板や
街の電柱に貼ってあるガレージセールで
50ドルも出せばいいのが買えます。

 

僕には友達もいなかったし、
語学学校も行ってなかったので
中古で自転車を買うという発想が
その当時ありませんでした。

 

シェアハウスの時もですが、僕には
常識的な考えと言うのが無かったように思います。

 

NO.
ないよ。

 

と言われたので

OK, so which is the cheapest one in this shop?
わかった、じゃあこの店で一番安いのは?

 

と聞くと700ドルの
マウンテンバイクが出てきました。

 

購入してしまいました。笑

700ドルもあったら
電車やトラムに何回乗れるか分かりません。

 

そんな事も考え付かずに
購入しました。

 

そして、オーストラリアでは
自転車に乗るときはヘルメットを付けるのが
義務なので、ヘルメットも買い、

自転車を盗まれないように鍵も買いました。

 

気が付いたら総額800ドルになっていましたね。

 

まあ、でもかっこよかったし
速かったので気に入っていました。

 

それからは朝早く起きて、サイクリングに行き
海岸線を走って、カフェで朝食をとり
オーストラリアライフを満喫していました。

 

自転車を買って3日後にいつものように
街までサイクリングして、カフェで朝食を食べ
そのまま自転車を停めて、メルボルンの街を
歩き回っていました。

 

そして3時間後、僕が自転車を停めたところに
自転車はありません。

 

辺りを見ても、全く見つからずに
途方に暮れていると、、、、

 

地面に見覚えのあるものが無残に
置いてありました。

 

「2つに切られた鍵」です。

 

確かに僕の鍵でした。
ロープ状のもので見事に切られていました。

 

その瞬間、盗まれたことが分かり
警察にも行きましたが、取り合ってもらえず
そのまま、僕は700ドルの自転車を失いました。

 

700ドルで買って、3日で盗まれたので
1日230ドルの高価な自転車でした。笑

オーストラリア、特にメルボルンは
自転車が多いです。

 

ヘルメットの着用は義務ですし
自転車自体も新品は高いです。
鍵も頑丈な物を買わなければいけません。

盗難は日常茶飯事です。

 

街中では盗難対策で自転車の前輪だけ
わざわざ外して停める人もいます。

 

それくらいしないと盗まれてしまうのです。

中古でも50ドルはするので
自転車を買ったら盗まれないように気を付けましょう!

 

サドルだけ盗まれたりとか
そういう嫌がらせもあるようです。

 

でも3日で700ドルのチャリンコ
盗まれた時はショックでした。笑

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. バイロンベイ
  2. メルボルン
  3. シェアハウス

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP