オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

【ゴールドコースト】英語を話せる人は映画好き…?!HOYTS(ホイトス)紹介

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

【ゴールドコースト】HOYTS(ホイトス) -AusTube-

オーストラリアに来ると映画を見る機会も多くなるのではないかと思います。

1ドルで映画が借りれるのは嬉しいですよね!

 

映画を観ることは、英語のスピーキング、リスニング、リーディング能力を
向上させるのに非常にいい効果があると言われています。

 

 

「英語が話せる人は、映画を観るのが好き?」

 

これはあくまでも仮説に過ぎませんが
そういう人が多いのではないかと思います

 

HOYTS (ホイトス)は非常に便利でスーパーの横などに
設置されているので、買い物ついでに借りたり返したりすることができます。

 

もちろんHOYTS(ホイトス)を利用して家のDVDプレーヤーで
観てもいいのですが、どこの家にも必ずDVDプレーヤーが
あるとは限りません。

 

そこで映画をどこでもいつでも映画を観れるようにするために
必需品なのがこの外付けのUSBハードディスクです。

USBハードディスク

日本でも買えますし、オーストラリアにもあります。

値段の差はあまりないのですが何かあった時に日本の製品の方が
対応してもらいやすいということから日本で買って持ってくることを
オススメします。

 

容量は1TBもしくは、500GBあれば問題はないかと思います。

っていうことで、必然的にパソコンは持ってきた方がいいですね!

 

では、どうやって映画をUSBハードディスクにいれるのか
ということですが、それは簡単です。

 

オーストラリアに住むとシェアハウスかホームステイを
すると思うのですが、一緒に住んでいる人に聞いてください。

 

「ねえ、何か映画持ってない?」って。

 

そうすると誰か必ず持っています。
欲しい映画を友達からもらってあとは自分のUSBハードディスクに
コピーするだけです。

 

引っ越しするごとにこれを繰り返していけば
1年間で、観きれないくらいの映画が自分のUSBハードディスクの
中に保存されていきます。

 

もし、シェアハウスに映画を持っている友達が
いなければ、学校の友だちや、職場の同僚に聞いてみましょう!

 

必ず一人は、大量に映画を持っている人がいるはずです。

 

これがあればファームに行った時、暇になることなく
退屈せずに英語を伸ばすことができますのでおすすめです。

 

持ち物リストを作っている人がいれば、
USBハードディスクを加えてみてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. ナイトマーケット
  2. UGG
  3. ゴールドコースト ボトル
  4. タバコ

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP