オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

【ゴールドコースト】オーストラリアのマクドナルドは少し雑?!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

【ゴールドコースト】オーストラリアのマックは雑 -AusTube-

オーストラリアのマクドナルドってどんなイメージですか?

 

きっと、日本より大きなハンバーガーやポテト

そしてありえないぐらいの大きさのジュースを想像 される方も多いのではないでしょうか。

 

アメリカなんかはそうなんです。

日本に比べて何もかもが大きいし、

アメリカ マクドナルド

 

 

味付けも 少し濃くてアメリカ人好みにしてあるとよく聞きます。

 

しかし動画をご覧になられた方はわかると思いますが

オーストラリアのマクドナルドは意外にもそうでもないんですね。

 

味も大きさもあまり日本と変わりません。

むしろ少し小さいような気もします。

 

その上動画ではフィレオフィッシュがパンから はみ出ていましたよね。笑

 

 

実は向こうの人は結構雑にハンバーガーを作るんですね。

なので、本来入っていないはずの具材なんかがたまに中に 入っていたりします。

 

焼き加減も個体によってバラバラですし 値段も日本に比べると少し高いです。

 

とは言えども他のところで外食するよりかは安いですけどね。

 

オーストラリアではセットのことをミールというのですが、

ミールで頼むと安いものでも7ドルから10ドルくらいします。

 

友達と外に遊びに行く場合もワーホリ生活ではたくさん あると思うので

どうしても外食をする機会が増えるんです。

 

 

でもどこに行っても日本の感覚から言うとが高いイメージが強いです。

なので、スーパー(コールスやウールワース)をなるべく利用するようにして

出費を抑えていきたいところですね。 コールス

 

そうでないと最初の学校生活をしている時期なんかは お金の管理に苦しむ人も多くいると思います。

 

実際、オーストラリアでの生活が始まって2ヶ月も 経たないうちに

親御さんに仕送りの相談をしている人も 中には結構いるみたいです…

 

これでは、なんのためにワーキングホリデイをしにきているのか わからないですよね。

 

そうならないためにも、お金に余裕が出てくるうちは

外食はできるだけ控えていきたいところです.

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. キングスクロス
  2. ZAP
  3. オーストラリアフェア
  4. ワラビー
  5. ノースブリッジ

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP