オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

【ケアンズ】オーストラリアのシェアハウスの室中に突入&見学

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

【ケアンズ】シェアハウス見学 -AusTube-

オーストラリアでワーホリ生活を送る方は
基本的にこの”シェアハウス”と呼ばれるところに
住むことになると思います。

 

 

「そもそもシェアハウスって何?」

 

 

そんな疑問をお持ちの方も多いと思います。

この機会に覚えておきたいワードですね!

 

だいたいの意味は言葉の雰囲気からお分かりだと思うのですが
家を、その名の通り何人かで「シェアする」ということですね。

 

では実際にどのような仕組みになっているのでしょうか。

 

日本では聞かないシステムですね。

そもそもシェアハウスとは一軒家やアパートの一部屋を
複数の人間で借りるというシステムです。

 

その分住む家賃も安いですし、いろんな人が世界中から
集まってくるオーストラリアでは異文化の交流の場としても
素晴らしい環境です。

 

家に住みながら英語を学ぶことができますし
各国の料理なども堪能することができます。

 

オーストラリアでは他人と住むのが当たり前のように普及しているんですね。

 

例えばですが、ベットルームが5つ、バスルームが2つ
キッチンやリビングがある家に5人で住むといった感じです。

一人1部屋を与えられ(1つの部屋に2人、3人で住んでいる人もいます)
トイレ、シャワー、リビングルーム、キッチンは共同で使います。

 

一人に1部屋のことをオウンルームというのですが
当然ルームシェアよりもオウンルームのほうが家賃は高くなります。

 

家賃は部屋の大きさ、古さ、立地によって違います。
大体、生活費抜きで週に100ドルから150ドルといったところが相場ですね。

 

そう考えると見学に行ったこのケアンズのシェアハウスは市内の中心地近くに
位置していて週120ドルでワンルームが与えられているのでとっても格安ですね!

 

このようにしっかりくまなく探すといい物件
っていうのは必ず見つかりますので、妥協して住んで
やっぱり家を変えるなんていうトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

 

シェアハウス

 

 

食事も家によります。すべてバラバラの家や牛乳、パン、ごはん
などの基本食は共同に使う家、毎日交代で作る家、様々です。

 

電気代、電話代、ガス代等の生活費は基本的に人数分で割って支払うのですが
大抵のシェアハウスではレントと呼ばれる1週間分の家賃に含まれているところが
多いようです。

 

シェアハウスの見学に行く際はその辺りもしっかり
その家のオーナーに確認する必要がありますね!

 

見学に行く際にオーナーに確認しておくべきことリスト

 

・インターネットが使えるかどうか

・掃除当番があるかどうか

・ミニマムステイ(最低滞在日数)があるかどうか

・レント(家賃)の再確認

・ボンド(日本で言う違約金)の確認

・何人住んでいるのか

・どのようにレントは払うのか(キャッシュか振込かなど)

・家の鍵がもらえるかどうか

・家を出る時は何週間前に伝える必要があるのか

・家のルールがどうなっているのか

 

メモして自分が家に入る時にチェックしていきましょう!

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. ANZ銀行
  2. 図書館 サウスポート
  3. ゴールドコースト ボトル
  4. SUSHI MOMIJI
  5. ナイトマーケット
  6. Lang Ports English Language College1

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP