オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

旅行の前に知っておきたい!オーストラリアの気温や天気、服装は?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

clouds-37009_1280

シドニー、ケアンズ、メルボルンなどの都市・地域をはじめ、魅力的なスポットが満載の国・オーストラリア。

雄大な自然と神秘が溢れた国への旅行に夢が膨らみますね。

 

しかし、気になるのが現地の気候や服装に関して。

 

日本の季節とは真逆なのは有名な話で、真夏の海辺でサンタ帽を被り水着姿でバーベキューをしつつクリスマスパーティーをしている写真を一度は見たことがあるでしょう。

 

南半球に位置するオーストラリアは、日本の国土の約20倍もの面積を誇るため、気候・気温も季節によってはもちろん、天気などの特徴・傾向も地域ごとに大きく異なります。平均気温が低いのは7月、最も暑いのは12~2月となっています。服装は、訪れる都市と時期によって変わります。

 

大きく分けて気候帯は4つの地域に分かれます。

 

ダーウィンを含む北部は熱帯性気候地域であり、11~3月は雨季であるため注意が必要で、6~8月の冬でも日中は半袖で過ごせます。

 

ブリスベン・ゴールドコーストなどの東部は亜熱帯性気候地域であり、年間を通して穏やかに晴れていることが多く、冬でも日中は半袖でOK。

 

エアーズロックがあるウルルなどを含む中央部は砂漠性気候地域であり、年間を通して雨が少なく12~2月の夏は日中平均35℃以上となりますが、夜はさわやかで過ごしやすいです。

 

シドニー・メルボルン・アデレードを含む南部は温帯性気候地域となっており、日本のように四季がはっきりしているため、単純に日本と真逆の気候と考えればわかりやすいでしょう。

 

原則として、9~11月が春、12~2月が夏、3~5月が秋、6~8月が冬に当たります。

 

一部地域の雨季を除いて、全体的にどの地域でも年間を通して、日差し・紫外線が強いため、サングラスや帽子、日よけの服・日傘などが必須です。

日焼け止めクリームも必須なので必ず用意しておきましょう。

現地でも販売していますが、顔用・敏感肌用など、個々人にあった製品が購入できるとは限らないため、必ず日本から持参しましょう。

 

ウルルのエアーズロック登山を計画している方は、日よけのために長袖・長ズボンやタオル・帽子はもちろん、日焼け止めを用意しておくことを強くおすすめします。

 

日本と同じく建物の中は冷房が効きすぎている場合があったり、ウルルなど砂漠性気候地域においては特に朝晩の気温差が激しいため、いくら夏とはいえど体温調節がしやすいように薄手の上着やストールなど体温調節用の衣服は用意しておきましょう。

 

気温が高くなっても、日本と比べて湿度が低くカラッとしているため、朝晩はもちろん、日陰に入るだけでも寒く感じることも。

また、逆に冬場でも、日中は夏のように気温が上昇する日があり「1日の中に四季がある」とまで言われるほどなので、冬場でも薄手の服も備えておくことを忘れないようにしましょう。

 

ちなみに、夏はもちろん夏以外でもちょっと気温が上がれば現地の人々はビーチへと出かけます。水着も忘れずに!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP