オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

【ゴールドコースト】オーストラリアのバスには日本にないルールが!?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

【ゴールドコースト】バス停 -AusTube-

オーストラリアに到着するとまずはバスに乗って
ホームステイの家までとか、学校の寮までとか
その他にもゴールドコースト内ではバスを利用する機会が
多いんじゃないかなと思います。

 

 

そんな時に、しっかり時刻表をみて自分の行きたい所に行く
バスに乗れるようにしておきたいですね!

 

動画でも解説していますがバスに乗るときにはまず
手を挙げてドライバーに

 

「乗ります」

 

ということをアピールしないといけません。
そうじゃないと普通にスルーされて、また次のバスを
待たないといけなくなるので、必ず手を挙げましょう!

 

日本じゃありえないですけどね。

 

そして、時間通りに来るなんてことはまぁありません。

 

大抵の場合4分から5分は平気で遅れてきますし
ひどい時には時間になってないのにバスが先に行っている
場合もありますから、気長に待つことをオススメします。

 

聞いたところによると電車もバスも時間通りに来るなんてことは
日本ぐらいらしいです。

 

恵まれた国ですよね。

 

そしてゴールドコースト内でバスに乗るときに
ぜひ買って欲しいのが「Go Card」と呼ばれる
日本で言うSuicaみたいなものですね。

ゴーカード

いろんな種類があるのですが、
基本的にワーホリメーカーが使うのは
青のadultと書かれたカードですね!

 

コンビニなどで普通に買うことができて
自分のお金をチャージするだけです。

 

カード自体にお金はかからないんですが
デポジットとして10ドル払わないといけません。
(カードが必要なくなった時にコンビニに行けば10ドル戻ってきます)

 

なぜこのゴーカードを使ったほうがいいのかというと
普通にお金を払って乗るのとゴーカードでタッチして乗るのとでは
全然値段が違うからなんですね。

 

それが顕著に表れているのがこの表です。

ゴーカード値段比較

 

ご覧のようにオーストラリアではゾーンごとに値段が変わります。

 

ちなみにOff peak というのは通勤ラッシュじゃない時に

この値段でバスに乗ることができてさらにお得です!

 

時間によってバスの値段が違うんですね。

 

 

いずれにせよ普通に乗るのとゴーカードを使うのとでは値段の差が一目瞭然ですよね。

ぜひ、バスを利用する前に買ってくださいね!

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. バイロンベイ イルカ
  2. タバコ
  3. ハイドパーク
  4. 家族
  5. 映画
  6. サーフボードケース

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP