オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

オーストラリア観光ビザ・ETAS(イータス)の取得を旅行会社へ依頼する場合

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

旅行会社・代理店

ETAS(イータス)はオーストラリアに渡航する際に必要な手続きです。

日本国パスポートを作っておけば多くの国ではビザ取得しなくてもいいのですが、オーストラリアに旅行する際は前もってこれらの書類申請をしなければならないのです。

 

たとえ短期の観光目的でもこれを申請しておかなければ入国できないことになっている決まりで、前もってオーストラリア行きへの航空機に乗る際にはイータスか、その他の有効ビザをその乗客が取得しているかをチェックしています。

そのチェックを怠った場合、その客を乗せてきた航空会社は多額の罰金を徴収されるのです。

 

このETAS(イータス)ですが取得方法はとても簡単です。

大使館や領事館に行ってパスポートにスタンプやシールを貼り付けるものでなく、3か月以内であれば電子ビザ(イータス)を取ればいいのです。

また3か月以上のオーストラリアの滞在(留学目的)や、就労を目的とした場合はオーストラリアの領事館や大使館で他のビザの申請が必要となります。

 

このETASの取得条件として日本、アメリカ合衆国、カナダ、韓国、香港特別行政区、マレーシア、シンガポールのETAS対象国籍のパスポート所持者であること、また渡航目的が、「観光目的」「親族への訪問」「ビジネスミーティング、イベント従事者、会議又は展示会、あるいは高度な技術をようする短期間のプロジェクトがある場合」3か月以内の滞在、健康であり犯罪歴がないこと等の条件に一致した人が申請可能です。

 

またETAS(イータス)を取るのにかかる費用は領事館や大使館などを通して行わず、オンライン上の操作で行っているため実際は無料となっているのですが、オーストラリア政府移民局での直接のやり取りはできずオーストラリア政府・移民局と提携し、WEBからのオンライン申請を受け付けるシステム管理会社への「システム利用代金」などです。

 

だいたいこれらの費用はオーストラリアドルで20ドルです。

 

日本旅行代理店でもオーストラリア政府の移民局にはこのお金は支払っていないのですが、ETAS代行業者や日本旅行代理店も会社によってこの料金は変わってきます。

費用は500円から4000円ほどと各社に違いがあります。

 

HISでは4営業日で2200円かかり即日手配では6800円です。

JTBでは5400円ほど支払いをしなければなりません。

また代行業者なら1000円以下で受け付けてくれるところもあります。

 

楽しい旅にするには余裕をもってビザの書類を取っておきましょう。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. パイフェイス4
  2. ロイヤルボタニックガーデン
  3. バイロンベイ イルカ
  4. バイロンベイ 岩山
  5. ジェットスター預け荷物の料金
  6. ワラビー

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP