オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

オーストラリアにあるブラック企業

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

shutterstock_135621509

今回は
「オーストラリアにあるブラック企業」
についてお話しします。

 

オーストラリアにも日本のように
ブラック企業があるのか?

と思われたかもしれません。

 

実際あります。

最低賃金も貰えず、休日の賃金アップすらありません。
働けば働くほど肉体的にも精神的にも辛くなり
英語力も伸びないというおまけつき。

 

ここまで言うと勘のいい人なら気が付いたかもしれません。

はい、「ジャパレス」と呼ばれるものです。

 

オーストラリアの最低賃金である
17ドルの約半分の賃金で働き
休日の賃金アップもないです。

 

違法な給料の割には日本人の
高い基準で働くことが普通なので
精神的にも、肉体的にも疲れます。

 

オーストラリアの悪いところ
日本の悪いところを併せ持った職場です。

 

働いてもお金は貯まらずに
生活するだけでいっぱいいっぱい。

 

何のためにワーホリに来ているのか
分からなくなります。

 

そうならないために最低限必要なのが
英語力なんですね。

 

ジャパレスは街中にたくさんあり
よく募集もしています。

 

簡単に仕事に就けて当面の生活費や
安心できる人脈などが手に入ります。

 

でもその先には何も待っていません。
日本人の人脈、情報だけです。
オーストラリアにいる意味はあるのか?
と自分に問いかけたくなるほどです。

 

「ジャパレスで働く」という選択肢を
自分の中から消しましょう!

そして、英語の学習に力を入れましょう。

 

英語のレベル=選択肢の多さ

です。

 

オーストラリアは英語圏なのでこれは
絶対の法則です。

 

日本語だけだと選択肢が本当に狭まってしまい
オーストラリアを楽しむこと、色々な経験をすることが出来ません。

 

だからしっかり英語は学んでから
オーストラリアに行きましょう!!

 

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP