オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

オーストラリア、サマータイムに注意

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

shutterstock_24754498

今回は
「オーストラリア、サマータイムに注意」
です。

 

オーストラリアは日本との時差が
ほとんどありません。

 

日本から南に約9000キロで
オーストラリアに着きます。

 

イギリスなどヨーロッパの国の人は
時差が10時間とかあったりするので
家族や友人との連絡を取るのに苦労していましたが

日本であれば時間を気にすることなく
連絡することができます。

 

と言っても、日本の20倍もの広さを持つ国ですから
場所によっては時差があります。

 

オーストラリアの時間帯は3つに分かれます。

・東部時間はNSW州、ACT州、QLD州、VIC州、TAS州
・中部時間はNT準州、SA州
・西部時間はWA州

 

この3つに分かれていて各時間帯の時差は

東部時間・・・+1時間(日本が午前10時の場合、午前11時)
中部時間・・・+30分(日本が午前10時の場合、午前10時30分)
西部時間・・・-1時間(日本が午前10時の場合、午前9時)

になります。

 

各州の主な都市は以下になります。

 

NSW州・・・シドニー、バイロンベイ
ACT州・・・キャンベラ
QLD州・・・ゴールドコースト、ケアンズ、ブリスベン、サンシャインコースト
VIC州・・・メルボルン
TAS州・・・ホバート、ローンセストン
NT州・・・ダーウィン、アリススプリングス
SA州・・・アデレード
WA州・・・パース

 

東側は5つも州がありますが、全て東部時間で統一されているので
州が変わったからと言って時計を直す必要はないですね。

 

パースからケアンズ、ケアンズからパースに飛ぶと
時差が2時間あるのでちょっと損したり、得をした気分になります。

 

また、やっかいなのがサマータイムです。
サマータイムは10月の最終日曜日から
3月の最終日曜日までです。

 

サマータイムを取り入れている州は
NSW州、ACT州、VIC州、TAS州、SA州です。

 

サマータイムがスタートする時に時計を1時間進めて
終わるときに1時間戻します。

 

だいたい寝る前にセットしておくのが普通です。

 

サマータイム期間中の時差

NSW州、ACT州、VIC州、TAS州・・・+2時間(日本が午前10時の場合、午後12時)

SA州・・・+1時間30分(日本が午前10時の場合、午前11時30分)

これがオーストラリアの時差ですね。

 

サマータイムのスタート時は気を付けないといけません。
1時間進んでいるので、仕事や学校などのスタート時間も
それに合わせてスタートします。

 

毎年、必ず仕事に遅れる人、学校に遅刻する人がいます。

 

またサマータイムが終わるときに時間を1時間戻すのを
忘れると、誰もいない仕事場に行ったり、学校に早く着きすぎることもあります。

 

飛行機の時間なども間違えないように注意しましょう!!

 

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. ドミノピザ
  2. 図書館 サウスポート
  3. キッチン
  4. バイロンベイ

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP