オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

ワーホリビザの申請方法&情報

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

shutterstock_128366012

与えられる条件

  • 最長1年間の滞在が可能

ワーキングホリデービザでは最長で1年間(12ヵ月間)オーストラリアに滞在することが可能です。
(1年目の間に3ヶ月間以上(88日)政府が指定した地方都市において、季節労働(農作業など)を行うと、2度目のワーキングホリデービザ(セカンドワーキングホリデービザ)の申請が可能になります。)

 

  • ビザ有効期限内は出入国が何度でも可能

ビザ有効期限内は出入国が何度でも可能ですが、他国に滞在していても日数には換算されます。

 

  • 同一雇用主のもとで最高6ヶ月の就労が可能

アルバイト先を変えれば6ヶ月を超えても働くことができるので、1年間働き続けることも可能です。

 

  • 就学またはトレーニングが最高4ヶ月まで可能

最高17週間まで語学学校などでの就学が可能です。

ビザの申請対象者

  • 申請日・ビザ発給日ともにオーストラリア国外にいること
  • ワーキングホリデービザで以前に入国したことがないこと

過去にオーストラリアのワーキングホリデービザを取得し、渡豪していない事。
オーストラリア以外のワーキングホリデービザを取得した事がある場合においては申請可能です。

 

  • 申請日に18歳以上31歳になっていないこと

31歳になる誕生日より前に申請を行い受理されれば31歳を過ぎても渡豪は可能です。

 

  • オーストラリアに1年以上滞在する意思がないこと

条件をみたせばセカンドビザを使い、合計2年間滞在することが可能です。

 

  • 十分な資金を有している事

帰国のための航空券やオーストラリアでの生活費用を十分に所持している必要があります。
ですが、ビザ申請時には特に残高証明書などの提示は必要ありません。

 

  • 有効期限の十分なパスポートを保持していること

ビザ申請前に必ず十分なパスポートの期限が残っているか確認してください。

ワーキングホリデービザの申請

1度目のワーキングホリデービザ(ファーストビザ)は、オーストラリア国外からであれば、どこの国からでも申請が可能です。

申請はオーストラリア移民局のサイトからインターネット上でe-Visa申請を行うことが出来ます。(全て英語での申請)
21度目のワーキングホリデービザ(ファースト)の申請はこちら

2度目のワーキングホリデービザ(セカンドビザ)は、条件を満たせば申請が可能です。
2
なお、2度目のワーキングホリデービザの申請はオーストラリア国内、国外どちらからでも申請が可能です。

icon-check-b-r
オーストラリア国内から申請を行った場合には、ビザ発給時にオーストラリア国内
オーストラリア国外から申請した場合にはビザ発給時にオーストラリア国外
居る必要があります。※詳しくは下記のサイトをご参照ください。
2オーストラリア大使館ビザ査証課
2オーストラリア移民局–Working Holiday

申請料金

AUS$440(※料金は2016年5月現在のものです。)

※詳しくは下記のサイトをご参照ください。

2オーストラリア移民局Working Holiday Visa Charges

ワーキングホリデービザの申請時に必要なもの

申請時に必要なものは下記の三点です。

  • パスポート

申請期間から帰国までに十分な有効期限があるもの。

 

  • Eメールアドレス

ビザの申請後、移民局から送られてくるビザ発給許可通知書(VGN:Visa Grant Notification)のメール受信のため。

 

  • クレジットカード

クレジットカードはビザ申請料金の支払いのために必要です。カード名義は申請者本人のものでなくても構わないので、 クレジットカードを持っていない場合は家族等のものを使用しても大丈夫です。
なお、クレジットカードはVISA、MASTER CARD、American Express、Diners Club International、JCB、Bankcardのいずれかが使用できます。

ワーキングホリデービザ発給までの日数

ワーキングホリデービザは通常48時間以内に、場合によっては1ヶ月ほどかかることもあります。
ワーキングホリデービザ申請後はTRN(Transaction Reference Number)という照会番号が発行され、その後、申請の際に記載したEメールアドレス宛てにビザ発給許可通知書(VGN)が届きます。

 

また、ビザ申請の際に名前や誕生日など内容に間違いがあった場合、あるいは質問などがある場合は、次のEメールアドレスまで英語でメールを送ってください。
2eVisa.WHM.Helpdesk@immi.gov.au

ワーキングホリデービザの有効期限

ワーキングホリデービザは発給日から1年間有効となります。
ビザ発給日は申請後にビザ発給許可通知書(VGN:Visa Grant Notification)のメールが届いた日で、この通知書に発給日の記載もあります。
ビザ発給日から1年以内にオーストラリアに入国すれば有効となり、入国から最長で1年間滞在することが出来ます。
なお、この滞在期間は何度でもオーストラリアの出入国が可能ですが、他国に滞在していても日数には換算されます。 また、ワーキングホリデービザを取得後、他のビザを取得した場合、その時点でオーストラリアのワーキングホリデービザは失効されます。

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. パース
  2. オーストラリアワーホリ

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP