オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

ファームで最強の服装

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

shutterstock_154367552

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はファームでの服装について
お話ししたいと思います。

 

ファームでの服装を間違えると
作業効率が下がってしまい、無駄に疲れます。

 

また作業が早くないと仕事をもらえないので
服装に注意して、疲れることなく仕事も早くして
しっかり仕事をもらい稼ぎましょう!

 

ワーホリに行って

・セカンドビザを取りたい人
・お金を稼ぎたい人

は必ずファームに行きますよね?

 

日本で農場で働いていた!という
経験がある人は少ないと思いますので
これからファーム経験者のノウハウを
お話ししていきます。

 

管理人はファームで仕事を始めるとき、
何の準備もしておらず、ファームの服装を知りませんでした。

 

そこで、ファーム用の作業着を買うために
セカンドハンドショップに行きました。

(セカンドハンドは、古着とか、
中古品を売っている所です。)

 

セカンドハンドショップで
素晴らしい作業着を見つけました。

 

紺色の、生地がすごくしっかりした
絶対穴が開かないような丈夫そうなツナギでした。

 

値段は40ドルくらい。

購入しました。
そして作業靴を買うために

店内を見て回りティンバーのブーツのような
どんなに汚れてもカッコよく見えるブーツを買いました。

 

これは最大のミスでした。

 

オーストラリアの農場は朝、肌寒い所が多く

夏には日中35~40度くらいまで
気温が上がります。

 

ツナギを着ていると脱ぐことも出来ず
脱水症状になります。

 

基本的に農作業は休みなく続くので
脱いだり、着たりするのが簡単な
前にチャックのついたパーカーを持っていくと
楽で時間も取られません。

 

ツナギはボタンをはずして、
袖だけ脱いで、腰で結んで、

と、無駄な動きばかりです。

 

暑くなったり、突然の雨で寒くなったりしたとき
めちゃめちゃめんどくさかったです。

 

絶対ツナギは買わないでくださいね。
パーカーが一番いいです。

 

そして、靴もミスでした。

ティンバーのように立派なブーツは
蒸れてしまいます。

 

水虫が心配になるほど蒸します。

 

25ドルも出して買ったのに
1回目で使わなくなりました。

 

その後、管理人はレタスを刈るとき
裸足で作業をやっていました。

 

その方が楽だったからです。
周りの人も裸足でやっていました。

 

それを続けて、1か月。

衝撃の一言を耳にしました。

 

「レタスの刈ったところから出る、
白い汁にずっと触れていると、
足の指や爪が、変形するよ?」

とファーマーが言いだしたのです。

 

今さらそんな事言われても、、、と

怒ったのですが1か月間
足が変形するという汁にずっと触れ続けていたのです。

 

そこで周りの先輩ファームワーカーから教えてもらい
最強のシューズを購入しました。

それは「ダイバーズシューズ」です。

 

このダイバーズシューズは
最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

靴自体がゴム製で防水性が高く、乾きやすいです。

 

ふくらはぎまでカバーしてくれるタイプが
おすすめです。

 

どしゃ降りの雨以外であれば雨が降っても
快適に作業が出来ました。
濡れても、干しておけば次の日には乾いていました。

 

ファームでの作業をしていると、知らぬ間に靴に泥がついて
靴が重くなります。その重さがあなたの体力を奪っていきます。

 

ダイバーズシューズであれば泥もすぐに落せて、
軽く、踏ん張りも効くのでファーム仕事には最適です。

 

値段は新品で50~70ドルでした。

ファスナー式のものを買うと脱ぐのも履くのも簡単です。

 

ここでファームで最強の服装をお伝えします。

 

ユニクロのヒートテックの
長袖シャツやパーカー

朝の寒い時に使えます。

 

そして普通の長袖Tシャツ。

暑いから半袖の方がよさそうですが
日差しが強いので肌を露出していると
日焼けがすごいです。

 

また農薬で肌が荒れることがあるので
長袖がベストです。

 

下は男ならハーフより少し長い水着が
動きやすくていいです。

 

女の子はパッキングや工場作業が多く
寒いこともあるので長いパンツを持っておくと便利です。

 

履くのはもちろんダイバーズシューズです。

さらに麦わら帽子があれば最高です。
熱中症知らずになれます。

 

管理人はいつも被っていた麦わら帽子を
忘れたことがあったのですが、

その日は頭がめちゃめちゃ熱くなり
周りの景色が揺れていました。
熱中症ですね。

 

麦わら帽子ほど、熱中症を防ぐものはありません。

 

・首からタオルを巻く
・麦わら帽子をかぶる
・長袖のシャツを着る
・ハーフの水着
・ダイバーズシューズ

ファーム最強の服装です。

 

この服装なら、作業スピードも速くなり
疲れ知らずで、余裕を持って仕事ができます。
仕事もどんどん回してもらえて稼ぎも増えます。

 

ファームに行く方はこの服装で
トライしてみてください。

 

周りの人からは、ファーム上級者だと思われることでしょう!!

 

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. パース

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP