オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

ワーホリを楽しんでいる人が自然とやっている3つの行動

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

bbq

今回は
「ワーホリを楽しんでいる人が自然とやっている3つの行動」
です。

 

オーストラリアへワーホリに行くと
日本とは比べ物にならないくらいの
出会いがあります。

 

バッパーに行けば毎日新しい人に会います。
ファームでも同じです。

引っ越しの回数が増えるのでシェアハウスの
住人との出会いもあります。

 

そんな出会いが満載のワーホリを楽しんでいる人が
自然とやっている3つの行動があります。

 

「どんな人とでも仲良くなる技術」なのですが、

この技術を持っていると、確実に
ワーホリが楽しくなるし、色々なラッキーが
あなたの身に起こります。

 

僕はもともと、恥ずかしがり屋で
初めての人と会うのが苦手でした。

 

でもそれではいけないと思い
友達の多い人をたくさん見て
どんな事をやっているのか
観察していました。

 

ある程度観察すると色々な
共通する所が分かってきました。
この3つがすごく重要で、
これが出来ている人は友達も多く
すぐに人と仲良くなれます。

 

1、テンション高めのあいさつ。

最高の笑顔で「Hi, Hello」と言える。
そんな人には友達が多いです。
どんなに疲れていても、初めて会う人には
最高の笑顔であいさつをします。

 

その後で自己紹介をします。

 

2、握手、ハグ、ハイタッチを上手く使う

日本だと握手もそこまでしないですし
ボディタッチは少ないですが、これを
上手く使って距離を縮めます。

 

初めて会う人とは握手、2回目以降はハグで始まります。
肩を組み、ハイタッチをしていきます。

 

こうやって自然とボディタッチが出来る人は
距離を縮めるのが上手いので、すぐに仲良くなれます。

 

3、質問が上手くて、リアクションが大きい

自分のことよりも相手の事を知ろうとします。
相づちをしっかりとして、どんどん質問します。
相手の目をしっかり見て、相手に話してもらいます。

相手に気持ちよくなってもらうんですね!

 

この3つが出来ると、ラッキーがあなたの身に起こります。

 

例えばどんなことが起こるかと言うと、

・ワーホリ中に役立つ情報が入ってくる

ゆーとさんの読者さんとメルボルンで
会った時の事なのですが、

この女の子も誰とでも仲良くなれる子でした。

 

食事を済ませて、帰ろうというときに
フリンダースストリートステーションで
電車のチケット(myki)を買おうとして
駅員さんと話し込み、そのまま友達になってしまいました。

 

その駅員さんはその子を気に入ったらしく
仕事の紹介をしてくれるという話まで
出会って数分でしていました。

 

誰とでもすぐに仲良くなれるという事は
こういったラッキーを自分で引き寄せる
という事でもあります。

 

ワーホリを楽しむためにぜひ
使ってみてくださいね!

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. BWS1
  2. ナイトマーケット2
  3. サーファーズパラダイス メインビーチ
  4. オーストラリアワーホリ

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP