オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

ワーホリはスーツケースで行った方がいいですか?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

スーツケースとバックパック。

どっちでオーストラリアに乗り込もうか
迷う人も多いでしょうね。

 

管理人はスーツケースで渡航しました。

 

両手がふさがって、旅には不自由なのでは?
と思うかもしれませんが、、、

不自由はなかったです。

 

何故かと言うと

半年間かけてオーストラリアをラウンドする!とか
毎週移動していつも動いている。

 

というワーホリではなかったからです。

 

1つの拠点

たとえばバックパッカーとかシェアハウスに住んで
週末の旅行や長い休みに遠出をしていました。

 

だからバックパックのような大きなバックは
必要なかったのです。

 

スーツケースのメリット
頑丈でセキュリティが高いという所。

 

バックパッカーに泊まっていても
シェアハウスに住んでいてもパスポート、貴重品、パソコンなどは
スーツケースに入れて鍵を閉めどこかにくくりつけていればほぼ盗まれる心配はないです。

 

デメリット

両手が不自由になり、舗装されていない道や
舗装の荒い道でスーツケースを
転がしてるとタイヤがすぐにすり減ります。

 

タイヤが引っかかって歩くのに苦労することもあります。

 

あとはスーツケース自体の重量が3kgくらいありますので
持っていく荷物を減らさざるを得なくなるところです。

 

もしあなたが毎週のように動き回って
オーストラリアをラウンドし、自然の
溢れるアウトバックに長期間滞在するなら

バックパックが良いでしょう。

 

バックパックのメリット

両手が自由で歩くのも楽なところです。

 

旅慣れている人は、バックパックを背中に
そして、小さなリュックを前に背負っています。

 

大きさは60~70Lあれば便利でしょう。

よく見るのがそれくらいの大きさです。
それ以上になると、荷物はたくさん入りますが
重くなりすぎて疲れてしまいます。
動きやすさ、持って行ける荷物の量
そのバランスが取れているのが70Lという事ですね。

 

デメリットは、パソコンや貴重品を入れておくと
セキュリティ上安心できないところと、スーツケースに
比べて頑丈さが劣るところです。
特に女性の場合に起こりますが、

最大限、荷物を入れてバックパックを背負い
何時間も歩いたりするとかなり体力を消耗してしまいます。

 

肩に負担がかかり、頭も痛くなってくるようです。

 

もしあなたが毎週のように都市を移動したり険しい山道を
何時間も歩くなどアウトバックで生活をしないのなら
スーツケースで十分ワーホリを楽しめます。

 

もしアウトバックに行き、
道なき道を突き進むのならバックパックが正解です。

 

バックパックは大体安くて1万円以下
良いものになると3万円くらいするものもあります。


自分のワーホリプランと相談して
バックパックかスーツケースか決めましょうね!

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP