オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

交差点に現れる窓掃除おじさん

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

IMG_1768

今回は
「交差点に現れる窓掃除おじさん」
です。

 

オーストラリアの交差点では
よく見る光景が1つあります。

 

日本では1度も見たことがありません。

 

それが押しかけ窓掃除おじさんです。

 

車を持っていない人はあまり
関係ないかもしれませんが

交差点によくいるので見つけてみてください。

 

洗剤の入ったペットボトルと
水きりを持っているおじさんが
交差点でウロウロしています。

 

信号が赤になると停車した車に近寄って
窓に洗剤をかけ、水きりで水を切ります。

 

ヨーロッパやアメリカにもいるみたいです。

 

これは仕事の無いホームレスの人が
始めたもので、勝手に窓の掃除をして
お金を請求してくるというものです。

 

なかなかいろんなことを
ホームレスの人たちも考えますね。笑

 

でも結構迷惑がっているドライバーは多いです。

 

というのも、掃除をしてくれるのですが
かえって汚れが目立つ事の方が多いからです。

 

洗剤のかけすぎ、水きり不足で
窓が曇って汚れてしまいます。

 

勝手に窓掃除をして、汚くして
お金を請求してくるので、まあ迷惑ですよね。笑

 

ただ、オージーは優しい人が多く
2ドルくらいを渡してしまうんですね。

 

だから仕事として成り立ってしまうので
勝手に窓掃除をする人が増えるんです。

 

シドニーの交差点にはよくいました。
メルボルンにもいましたね。

 

大きな交差点があるところには結構います。

 

そんな押しかけ窓掃除おじさんと
ドライバーの攻防は見ていて面白いです。

 

掃除されたくないドライバーは
交差点におじさんを見つけると
急いで通り過ぎます。

 

もし信号が赤になってしまった場合
交差点の少し手前で止まり、おじさんが
寄ってきたら車を動かします。

 

これで大体のおじさんが諦めます。
中にはしつこい人もいてそれでも近寄ってくるので、

最終手段はワイパーを動かして
おじさんが掃除をする理由を無くしてしまう。

 

そんなドライバーもいました。

 

もしあなたが運転をする場合は
こういった時にはお金はあげてはいけません。

 

調子に乗っていろんな人が掃除してきますからね。

 

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. ブリスベン
  2. マクドナルド
  3. ブッシュファイヤー

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP