オーストラリア旅行・観光・留学・ワーホリ総合情報サイト

オーストラリア観光ビザ、ETASの取得条件と申請料金

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

purse-1359848_1280

ETAS(イータス)取得に必要な条件とは?

オーストラリア観光の際に必要になってくるビザ、ETAS(イータス)を取得するのには、誰でも入手できるといったシステムではなく、あらかじめ設定された申請資格を満たしている必要があります。

 

その条件とはいったいどのようなものかと言うと、まず基本条件としては、日本、韓国、アメリカ合衆国、カナダ、シンガポール、香港特別行政区、マレーシアといった対象国籍のパスポートを所持していることです。

 

また、オーストラリア滞在時の滞在期間が3ヶ月以内であり、滞在目的が観光・親族訪問はもちろん、ビジネス目的での滞在の場合は就労ではなく会議や商談、高度な技能を必要とする短期間のプロジェクト、イベントなどの従事者である事が大切で、予定者本人が健康であり犯罪歴がないことが必須条件でもあります。

 

例えば3カ月以上の長い期間の滞在予定者、過去に犯罪履歴がある方、観光目的などではなくオーストラリア国内での就労目的とした滞在などの場合は、ETASでない別のビザの申請が必要となりイータス申請時にはきちんと人物審査、健康診断なども設けられています。

 

ETASは方法により申請・取得に必要な料金が異なる。

そんなETASにはオーストラリア大使館のサイトを利用する方法、旅行会社やETAS代行会社を利用する方法があり、どの選択をするかによって申請・取得に必要な料金が異なります。

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

オーストラリア観光ビザ・ETAS(イータス)の申請・取得する3つの方法

 

例えばオーストラリア大使館のサイトを利用する場合は申請料は無料ですが、システム会社のシステム利用手数料として20豪ドルをクレジットカードで支払う必要性があります。

 

また、登録完了後に発行される参照番号によって、いつでも利用状況を確認するシステムなので、発行証明書は発行されません。

 

それに比べて旅行会社を利用する場合、システム利用手数料の20豪ドルからさらに代行サービス料金が発生しますので、当然のように費用が余計に生じてきます。

 

例えば、旅行会社を利用した場合では相場がおおよそ3,000~4,000円ほどかかるので、費用の面では一番高い方法になります。

 

それに比べて一番最安値で取得できる方法は、登録代行業者を利用することです。

 

登録代行業者には様々な会社がありますが、安いところでは500円代からの格安で行ってくれる会社もあり、800円前後が相場になっています。

 

また、登録代行業者によっては4名以上、出発日まで1カ月以上の余裕がある方は早割価格が適用されて、1名375円という破格で行ってくれる上にまとめて申込みができるといった便利な会社もあります。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. ディック・スミス
  2. ウールワース
  3. ゴールドコースト ボトル
  4. gift-made-package-loop-39341
  5. opera
  6. バイロンベイ 岩山

スポンサーリンク

オーストラリアのワーキングホリデーに特化した動画・音声で学べる英語教材

RETURN TOP